友よりの便り   

                                  (京都の賀茂川の風物川床の準備)
c0072993_843114.jpg
郷郷の同級会が、今年開かれることになっている。
最近は先が短いからといって、二年に一度開催と決まっているから、もう二年も経ったかと思うほどなんとも月日の経つのが早く感じられる。
盛大で、ただ単に集まって飲むだけではなく、ニュース性のあるイベントを企画するものだから、いつも地元紙に取り上げられるほどである。
それもこれも、幹事のセンスの良さと、きめ細かい配慮と行き届いた連絡のおかげであり、みんな心から感謝している。今年は埼玉県に在住するものが当番にあたり、地元での第一回の幹事会の報告を、親友のAちゃんからもらった。

   いいものだ  
ともだちとはいいものだ  
乾杯をすれば なおのことだ
呑めば呑むほどさえてくる           c0072993_14225.jpg
と こちらの亡き父はよく言った        
のんべえの美語である                
呑むほどに 酔うほどに
悩や みも自然と口にでる
このトシまで生きてれば            
そりゃあ当然あるさ
中に 風邪気味で ノドが痛くてという                       
彼女がいた
○○医院からのクスリ袋を持っていた               
だけど こんな日は 呑んで 食べて
わらって思いのたけを語って 
毒を落として  帰るのさ
と 言ったら 大きな声で皆 笑って
「ほだでば」と言った                       c0072993_1433494.jpg  
そういえば 大人だけの 私の生活に
腹のそこから笑う ということが殆どない
笑いは 何より 健康のモトだと聞く
「うん、そうだっつよ」と 皆も言った           
まとめて笑ったから 
効能はどうかわからないが
今日のともだちは 私に
何年分もの笑いをくれた   

すばらしき仲間たち                   
いいものだ    とりわけ
乾杯のできるともだちは
        実にいいものだ
           平成18年4月 
ちびまろ
   

(文中「ほだでば」は「そうだよ」
「うん、そうだっつよ」は「うん、そうだってよ」の意味)



c0072993_1483347.jpg

c0072993_1415371.jpg











楽しかった幹事会の模様が偲ばれた。
いつもは忘れていることが多いが、やっぱり懐かしい。
40年以上の昔が一瞬に蘇り、戻れるから。
みんなみんな同じくらい貧乏だったのに、日の丸弁当を手で隠して食べていたO君の消息がずうっと気になっている、まだ行方不明のままだろうか。
あのいつも青っ鼻を垂らしていた人気者のN君は去年亡くなった、おすましやのMちゃんももういない。親友だったKちゃんは今だに一度も参加したことがない。
わずか3クラスの少ない学年だったし、小学校から中学校まで持ち上がりだったから気心の知れた間柄だ。
今年も皆に会って新たな思い出を貰いたいと思っている。

(写真 一関市立中里中学校
     北緯38度57分に位置している
     中学校から見た故郷の町
     中学の校章(ミャンマー製))

by taizann | 2006-04-22 14:30 | 自分史

<< もったいない 花のない花見(続) >>