<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

トルコ旅行記(四)   

★ カッパドキア(続)

カイマルク地下都市・ギョレメ野外博物館
 
c0072993_20214619.jpg

カッパドキアの周辺には、まだまだたくさんの見どころが散在している。
カイマルク地下都市は、ヒッタイト人が作り、そのキリスト教徒がアラブ人の迫害から身を守るため移り住んだといわれているものの一つである。地下百五十メートルの大きな都市は、地下八階まであり、当時は一万五千人ものキリスト教徒が住んでいたという。人一人がやっと通れる、いりくんだ、迷路のような、狭い通路を降りていくと、教会、学校、居間、井戸、台所、墓地などが完備されている。驚いたのは巨大な石で作られた回転扉もあり、緊急時には通りを遮断したらしい。又、亡くなった人の遺体は、地上へ置いて、ハゲタカなどに食わせ、骨になってから、地下に運び共に暮らしていたいう。
その暗い空間には、自らの信仰を守り、信じるキリスト教徒の祈りと暮らしが蘇るのである。 

眺めのよい高台を降りると、ギョレメ野外博物館があり、いろいろな名前の付いた洞窟教会がたくさんある。
その中の一つ、暗闇の教会に入ると、外からは、想像できない内部であり、朱や青が美しいフレスコ画が飾られ、硬い岩盤を掘ったドーム型の天井にはキリストの壁画が残っている。

このコースに、ヒッタイト人の要塞だったウチヒサールという村(写真↓)があり、岩山に無数の穴がある有名な住居跡を訪れたが残念ながら私の記憶には全然残っていない。
c0072993_20234944.jpg
c0072993_2024915.jpg










 




今日の昼食は洞窟レストランである、メニューはジャガイモのオムレツと、ますのグリルである。トルコはますしか獲れないの?(川魚が苦手で!)

c0072993_20303141.jpg その後、二千年前は海の中だったというラクダ岩のあるデヴランの谷へ。 
ホテルの近くのカッパドキア最古のワイナリーへ寄り、ホテルで夕食後、希望者のみ、夜のデヴレントの谷へ。
 今日は疲れたー。一向もそろそろ疲れが見えてきたように思う、二十ニ才の一番若い人が青い顔をしてダウンのようだ。

ひと休みして
★ トルコの代表的なお土産の話
☆ トルコ絨毯の直営店
トルコの絨毯は若い女性が織り込むため、 
縦糸、横糸、結び目に絹糸を使い、キメが細かく高級らしい。それもピンからキリまであり、絨毯に興味がない私には、流暢な日本語をこなす店員さんが一人に一人ついて説明しているが、馬の耳に念仏である。ガイドさんが言ったことは覚えている。世界で一番細かいものは一平方センチを編むのに四年かかっているそうな。

☆ トルコの陶器
アナトリア地方の陶器作りの歴史は紀元前にさかのぼるらしい。トルコで,最も長いアヴァノスの川の赤土を使った投機で有名なガリップさんの工場へ、目の前でろくろを回し実演販売といった店かな。

c0072993_20414958.jpg

c0072993_205342.jpg
c0072993_20424733.jpg










☆ ドルコ石の直営店
ここも作って販売しているから安いというがたくさんありすぎて目移りして迷う。あらかじめ、ホテルで相場を頭に入れておいた。私の誕生石を買うため、一番力が入った店である。気球分より予算オーバー、でもゲット。

c0072993_20455224.jpg

☆ 小物類
カッパドキアなど観光地にはいわゆる露天商が軒を連ねている。飾り皿、鍋敷き、衣類、おもちゃ、など等なんでもある。有名なのはナザールボンジュー、といって奇麗なブル―の色の目玉のような形をしたトルコの魔よけである。日本人と見ると「三つ千円」「いらない」というと「四つ千円」無視して去ろうとすると「五つ千円」とバスまでついてくる。ここも商魂たくましい。
中には、女の人には「おばあちゃん、パシュミナいらないか?、本物だよ」だって、
〈こら!、誰がおばあちゃんだよ、、そんな日本語誰に習ったんだー!〉

c0072993_2049269.jpg

 今回のトルコは予定が狂い、グランドグバザールには行けず、心残りではあるが、それでも我々おばちゃんたちは、短い間をぬって買いあさっていた印象だ。




次は、アンカラからイスタンブールへ


(写真提供 丸山 文子氏)
 

 

by taizann | 2005-09-30 21:06 | 旅行記

トルコ旅行記(三)   

カッパドキアの巻
c0072993_15295631.jpg

旅行四日目は(正確には三日目)、バムッカレから、神秘な空間のカッパドキアへ六百九十キロの大移動日である。
朝七時に出発、バスは右手に小麦畑、左手には、トルコにはいないと言われる「サルの山」を通り、アナトリア高原がどこまでも広がる。添乗員さんも退屈しのぎに、
クイズなど用意してくれていた。がそれでも道は長い。ただひたすら、走るだけ。
c0072993_15405058.jpg

★ 途中、トルコ最古の街、コンヤへコンヤはトルコでは七番目の都市であり、面積も一番広く旧首都でもあった。トルコの食事はバイキング形式が多い、今日の昼食もバイキングである。コンヤはトルコ風ピザが有名であり、バイキングもなかなか充実していて私は旅の中でコンヤのここのバイキングが一番口にあい大満足であった。



c0072993_155157.jpgc0072993_15512188.jpg











敬虔な宗教人の街であり、くるくる躍って祈祷するメヴラーナ教の総本山メヴラーナ博物館には、メヴラーナの棺があり、頭頂部には独特のターバンが置いてある。楽器のシンバルは、今でもここで作られ、紙というものが中国とトルコにしか存在しなかった紀元前の時代のコーランの紙の写経が奇麗に残っていた。
c0072993_164389.jpg
c0072993_1693357.jpg

















コンヤから、カッパドキアまでは、あと二百ニ十キロである。満腹のあとは寝るしかない、みんなが一眠りした頃、ガイドさんが、トルコ事情を一生懸命話してくれる。メモ帖とボールペンを落としてはメモし、またや、うつらうつらと寝てしまうほどの心地良い揺れであるが、いずれ、ブログに旅行記を書くなんて宣言してしまったからにはしっかり聞いて記録しなくては。
トルコは七才から十五才まで義務教育で、その内三十九%位が高校に行くらしい。夏休みが三ヶ月あり、その間にみんな忘れてしまうのだと笑っていっていた。
トルコの通貨はトルコリラ(一リラは約八十円)旧リラの百万リラは現在の一リラに当たり、今も混在しているから、我々は混乱した、しかし、来年から使えなくなる。また、EUに加盟したら変わることになるから訪れるたびに、ややこしそうである。
トルコは十六の帝国を作った偉大な民族であったし、とにかく歴史の国である。
我々の常識を覆すことの多いところでもある。牧草地が多く乳製品が美味しい。中でも、ヨーグルト発祥の地、チューリップの原産国とは驚きであろう。カッパドキアに近い村では、家の屋根に大きなつぼが置いてある。娘が十四才になると「結婚相手募集」の表示だそうだ、婚約者がそのつぼをピストルで打ち抜き、壊す風習が残っているのだそうだ。
あたりが薄暗くなり、周りの景色も、なにかしら石灰の多い岩場が続くようになってきた。ようやく宿泊のペリシアホテルに到着。運転手さん、ご苦労様でした。

★ 五日目、カッパドキア終日
c0072993_16165159.jpg

翌朝、オプショナルの「カッパドキアを気球でめぐる」に同室の友人は四時半に起きて出て行った。私は高所恐怖症ではないが、その高額分は、誕生石のトルコ石を絶対買うと、最初から決めていたのである。
朝食に行く途中青空に気球が漂って気持ちよさそうだった。まもなく行っていた七人が「素晴らい眺めだった、スリル満点、操縦士のマイクが目茶イケメンだった」と興奮して帰ってきた。
まずは「三人の美人」で有名な写真スポットでパチリと一枚。数億年前エルジェス火山の大噴火によって、火山灰、溶岩を含んだ軟らかい石、灰、泥で覆われた、硬度の違いで、長い年月をかけて侵食され、見渡す限りの奇岩群を造り出したのである。
カッパドキアという名前はカッパドックスという川からできた名前ではないかといわれといるのが正解らしい。
c0072993_16263871.jpg


★ 次はカッパドキア後半、カイマクル地下都市、トルコのお土産の話へ (続く) 

by taizann | 2005-09-26 16:29 | 旅行記

トルコ旅行記(ニ)   


トルコの朝焼け
c0072993_13245115.jpg

★成田→イスタンブール→イズミールの巻
台風に振り回された出発であったが、搭乗手続きが済むと、しばらく日本食にはありつけないからと、友人と私は、空港で寿司と海鮮丼を食べ、やっとトルコ行きの十二時間の機内の人となったのであった。c0072993_13301939.jpg

トルコ航空には一人日本人のスチュワーデスが乗務していたが、トルコの女性は、目茶鼻が高い、目が大きい、決しておしとやかではないが、よく言えばきびきびとしているし、無理な笑顔もないようだ。
トルコと日本の時差は六時間で、日本時間で夜中になるが、トルコ時間の夜の七時過ぎに到着である。寝ておかないと明日も早いと聞いているが、配られた毛布に、オーデコロンがふってあるらしく鼻について臭くて寝むれないという変なデリケートさが災いした。仕方が無いので、手持ちのガイドブックを開いたり、デジカメの説明書に目をやる。
イスタンブールの空港はデカイ、延々と出国手続きに時間がかかる。バスに乗り込み現地ガイドのアッテラさんの達者な日本語に出会ったらほっとした。
c0072993_13553930.jpg

c0072993_135649.jpg
魅惑のイスタンブールは真っ暗。残念だが、最終日の観光に期待して夕食会場へ。機内で二食も食べたからもういいけど、(でもでも、世界の三大料理だから・・)
(これが有名なシシカバブや!、ダメだ今日はどうも口に合わない、食べすぎ?)

レストランでは別の集団が、肩を組んで大声で歌を歌い、盛り上がっている、やっぱりドイツ人だ。トルコにはヨーロッパからの観光客が多いらしい、中でもドイツ人が一番多いということである。c0072993_143568.jpg

ホテルに入り、翌日の説明あり、ツインではないダブルベットにもぐったのは夜中だった。ダブルは嫌なんて言っておれない、明日は五時にモーニングコールだから。
緊張している、モーニングコールより先に目が覚める。九時イスタンブールのアタチュルク空港から国内線で一時間、イズミールのアンネンメンデレス空港へ、イズミールはエーゲ海のトルコ第三の都市であり、紀元前千二百年のトロイの戦争の跡地でもある。五千年前からの港町であり、二世紀頃より国際商業都市として発展したという貫禄のある都市である、地震が多かったせいで、殆どの遺跡は破壊しているらしいが、バスは一路、二日目のハイライトとも言える世界最大級のエフェスの都市遺跡を目指す(古代名エフェソス)。
 
★灼熱のエフェス都市遺跡
c0072993_14134174.jpg

規模や歴史的価値からみても、世界でも群を抜いていると言われているエフェスの都市遺跡は、保存状態もよく充分見ごたえがある。
収容数二万四千人を越える巨大劇場は当時、全市民が参加する会議場だったとも言う、クレテス通り、ここは公衆トイレで有名だ、下水道完備、真ん中に貯水槽があり、その周りを壁に沿って丸い穴が開いている、必ず誰もが座ってみたくなるシロモノである。
c0072993_14172093.jpg

マーブルロード(大理石通り)大理石で舗装されて、アントニウスとクレオパトラのカップルも通ったらしい、
セルシウム図書館へ、世界三大図書館で十二万冊の蔵書を誇っていたという。
ハドリアヌス神殿は、レリーフで飾られたアーチは、パンフレットによく紹介されている。
音楽堂や公衆浴場、紀元前三世紀の建造物の立派な遺跡の数々に度肝を抜かれ、小高い丘を越えた、二度と訪れることは無いだろうからと名残を惜しみ、振り返ると、ハーバーストリートと呼ばれる長さ五百メートル幅十一メートルの港へのアルカヂィウス道路が目に入る。両側に商店が立ち並びアーケード通りの語源となったと言われる大通りに、かつての賑わいが偲ばれた。
c0072993_14241210.jpg


★バムッカレとヒエラポリス世界複合遺産
トルコは、遺跡の数は世界一、世界遺産は三十もある.エフェスからバスで三時間、走る走る、メルセデス・ベンツは快調だ。

見渡す限りのトウモロコシ畑をただひたすら走りバムッカレの村を通り、温泉地に入る、見渡す二百五十キロメートルもの台地に広がる真っ白な石灰棚が段々畑のように広がり不思議な光景である。靴を脱いで温水に足を浸し、古代からのリゾート気分に浸る。この世界遺産も、近年破損が著しく、来年からいろいろと、規制がきつくなるそうである。
c0072993_14363289.jpg

 ネクロポリス(古代墓地跡)、もっとも保存状態が悪い墓地らしく、石で作った墓や棺が大小、身分もさまざまな様相を呈し、散乱しており、夜は不気味そう。ブルブル~。  
ヒエラポリス遺跡は紀元前二世紀、ローマ時代の温泉地として栄えたもので、都市を囲む城壁の内側には、劇場、神殿、市場、住居、浴場などが残っている。現在もドイツ、イタリアのチームによる発掘調査が進行中のようであり、いたる所で、掘り返しの砂ぼこりに、マスク、覆面が必要であり、ガイドさんの説明もそこそこに我々は、バスに引き揚げた。  (カッパドキアへと続く)

by taizann | 2005-09-21 14:46 | 旅行記

トルコ旅行記(一)    

c0072993_15424732.jpg


 出発前ドタバタ騒動の巻 
台風十四号が日本を直撃しそうだという、しかも超大型で、速度が遅く暴風圏内に入ってからが長いらしい。どうも今回のトルコ出発の予定にあわせた様にこちらに向かっている。出発日の九月六日の夜には近畿地方へ最接近と、ニュースが報じている。

当日は朝から雨と風がますます強くなり最悪のケースになってきた。

よく海外に行く友人は「関空のあの橋は、通行止めというケースがあるから、関空には早めに行っておいた方がいいよ」と心配して電話をしてきた。主人も勤め先から「どうなった? 旅行社の対応を聞いたほうがいいんじゃないか」と電話がかかる。
関空には二十三時過ぎに集合だから、変更があれば連絡してくるでしょうよと、たかをくくっていたが、昼を過ぎても連絡が無い、さすがに心配になってきた。
旅行社に電話を入れると「、我々が帰りに乗る十四時着のカタール航空機がトルコから飛んできたら予定通りですが、まだその時間にならないとわかりません」とのことだった。

しばらくして電話が鳴った、「カタール航空機はこちらに飛んできませんでした、それで代替機はエミレーツ航空なのですが、全員の座席が取れない状況です、しばらくお待ちください」
評判のカタール機に乗れないのか残念! それにしてもエミレーツ航空なんて聞いたことないけど、全員の座席が取れなかったらどうなりのだろう? 子供は「ビジネスクラスになるかも知れないよ、その方が美味しい話じゃん」なんていっている。

あくまでも予定通りらしい、これは友人が言うように早めに空港に行ってくださいと言われることもあるかも知れない。
ならばと夕食の準備をしてしまい、いつでもスタンバイとシャワーを浴び、スーツケースを閉じ、化粧もし、電話とテレビに噛り付いていた。

その後、今度は同行の友人からの電話である「旅行社からの最終連絡です、よーく聞いてください、今夜のフライトは中止です、明日、伊丹発八時四十分、成田に向かいます、成田発十三時二十五分のトルコ航空でイスタンブールに直行します。いいですか、それで関空へのジャンボタクシーもキャンセルですので、駅より朝六時三十分発の空港バスで来る様にとのことです、私はそれに乗って行くけど貴女はどうする?」どうする?なんていわれても行かなくちゃならないでしょう。
参ったなあ。

c0072993_15574617.jpg

「明日六時に駅までタクシーをお願いしたいのですが」「一応予約は受けますが、台風がきつい場合はタクシーも動きませんのでご承知ください」
タクシーが動かなかったら空港バスだって動かないわけでしょう?どうすりゃいいのよ!というと、子供も主人も「タクシーが来なかったら、たたき起こしてくれ、仕事に行く前に駅まで送るから」と言ってくれた。まあまあ、台風に振り回された私のトルコ旅行当日であった。

翌朝、雨や風も幾分弱まり、無事タクシーも迎えに来て 成田からイスタンブールに向かったが、私が最高に楽しみにしていたイスタンブール観光はお陰で、最終日に半日だけの予定に削られることになってしまった。
かくして、府庁生協海外ツアー《不思議の国トルコを旅する八日間》一行十四人は、
旅立ったのである。

何を隠そう実は、この旅行の一週間前、私は、今回の旅行代金と、旅の小遣い分を銀行から引き出し、その直後、それがそのまま入ったバックをタクシーに忘れてしまったのである。現金はもちろん、各種カード、携帯電話など等であった。バックに入っている携帯電話に運転手さんが出てくれるまでの数時間は、警察、タクシーの忘れ物センター、銀行へと走りまわっていたが、(きっと届くに違いない、世の中悪い人だけではない)、(でも、出て来なかったら今度の旅行はキャンセルしよう)と心は入り乱れていた。

結果的には、私の後に乗ったお客さんが運転手さんに届けてくれ、私は救われたのであったが、日本でよかった。
これを外国でやってしまったらどうなっていただろうと思い、緊張の緩んでいる、甘い自分を引き締め、周りに感謝し、私のトルコ旅行は始まったのである。
                                     (続く)
c0072993_15543479.jpg

by taizann | 2005-09-17 15:17 | 旅行記