<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

映画「バルトの楽園」   

c0072993_2328304.jpg

ベートーベンの「第九交響曲」が日本で最初に演奏されたと言う坂東俘虜集収容所と、その収容所を舞台にドイツ人俘虜と、所長を中心とする地元民との、人間的なふれあいの実話をもとに描いた映画である。
一九一四年、第一次大戦で日本軍は、三万の兵を送り込み、ドイツの極東根拠地・中国の青島(チンタオ)を攻略し、ドイツ兵四七〇〇人が日本各地の俘虜収容所に送り込まれた。厳しい待遇が当然であった当時の収容所の中で、徳島県の坂東俘虜収容所は奇跡のような他には例を見ない収容所であった。それは、所長である松江豊寿(まつえとよひさ)が、ドイツ人俘虜に対し、ハーグ条約に則り人権を尊重する待遇を終始厳守していたからである。ドイツ人俘虜達は、言語、習慣、文化の違う地域住民や、収容所職員と敵味方を超えた人間的なふれあいを育んでいった。
c0072993_23212275.jpg
そして、休戦条約が調印されドイツ帝国は崩壊し、俘虜たちは祖国へ送還されることになり、彼らは所長や地元住民などに感謝を込め、ベートーベンの第九交響曲を演奏するのである。
戦時中に、日本にもこのような美談があったことが、信じられない思いであるが、この事実を描いた中村彰彦著「二つの山河」には、戦歴を書かなかった軍人としての松江の人となりを詳しく述べている。旧会津藩士を父に持ち、一度は大尉まで昇進するが、その後、左遷されるなど、何故か日の当たるコースを歩んではいないようである。会津人の流浪と屈辱の歴史の経験と彼に流れる血が、陸軍の堕落した実態に追随する人間ではなかったであろうし、収容所においても、俘虜への寛容な処遇と運営は、軍上層部に反抗的であった。
c0072993_2322423.jpg松江のこのヒューマニズムあふれる人間性は、会津人としての経歴が大きく関わっており、極めて重要な要素であると思うのだが、映画では、この部分がさらりとしていて、私には物足りなく感じた。
また、当時ドイツは世界でもトップクラスの文明を持つ国であり、松江は、俘虜達から地元民へ、その科学技術の知識や経験を積極的に取り入れ、現在の日本にも多く伝承されているという功績も大きい。中でも大正七年に十二日間にわたり開催した「俘虜作品展示会は、俘虜たちのドイツ文化の優秀さを世間に知らしめた。物理、化学、天文学などの講演や、美術部門、工芸部門、ハム、ソーセージなど、お菓子部門など多彩であり、人口わずか五百の村に五万一千人以上の入場総数であったというから驚きである。




c0072993_23235489.gif














祖国に帰る日が近い大正七年六月六日、ハイゼン指揮、徳島オーケストラ第二回シンフォニーコンサートが開催され、ベートーベンの「第九交響曲」が合唱つきで第四楽章まで演奏されたのである。これが第九の本邦初演である。
合唱は男声のみであり、楽器も満足に揃わない中での演奏であったであろうが、祖国の誇るベートーベンがシラーの詩を用いて世界に伝えたかった偉大なシンフォニーは、坂東の地にこそふさわしい音楽であった。
「世界は一つ、人類はみな兄弟である」
望郷の念が募り、高らかにうたいあげる俘虜たちの思いは、松江所長の国境を越えた尊い友愛の精神への感謝の合唱でもあった。
 映画の中のこの最後の演奏は、立派に完成されすぎて、感動が伝わらないのが残念であった。カラヤンの指揮する曲が再び流れるのだからここは当時の素朴さが欲しいと思った。
c0072993_23382051.jpg
出目昌伸監督は、「戦争やテロが相次ぐ時代に、この映画を通して鳴門から世界に平和を発信したい」と語っておられた。

私は、市民による「第九合唱団」を組織し、その運営と演奏会の成功に青春を過ごした。「苦悩から歓喜に」至る思いが蘇り、この映画には、個人的期待が特別強かったかも知れない 。

by taizann | 2006-06-30 23:30 | エッセー

山椒を貰いに   

                                      勝山の風景
c0072993_20454558.jpg
               (大師山、九頭竜川を望む弁天楼、越前大仏、五重の塔)

福井県勝山に住む友人が、「早く山椒の実を採りに来ないと硬くなるよ」と嬉しいお誘いを受けて一泊で行って来た。
年がら年中自己流ちりめん山椒を作って、隣近所、親戚、友人などに押し付け、「美味しい」と言ってもらうことを趣味としている私には、メインの山椒の実が貴重なのである。しかし、我が家の山椒の木は一向に大きくならない。
久しぶりに会う友人との積もる話もあり、何はさておいてもこれだけは欠かせない私には一大イベント行事なのだ。
c0072993_20504497.jpg
(京都駅0番ホムは北陸への楽しい出発ホームである)












福井駅まで迎えに行くからと言ってくれるが、福井から勝山までの越前鉄道でトコトコと本を読みながら、目が疲れたら窓の外に目をやる、と、
田んぼには緑の苗が植え終わり、麦が黄金色に収穫を待っている日本の原風景のような田舎を走りぬける。
この小さい電車の、勝山までの、こ一時間も私には楽しみなのである。
c0072993_2052288.jpg
彼女の家は加悦国境の山並みと九頭竜川の流れる雄大な自然の中にある。「今年は3.8豪雪以来の雪でね、ビニールハウスも潰れてしまうし、庭の木も折れたりして大変だった」とご主人は話していた。





c0072993_2114980.jpg












c0072993_21132153.jpg





c0072993_211348100.jpg











「でも、山椒はある程度の緯度も関係し、適当な寒さも実の辛さに影響するから、ここ勝山の山椒は最高の山椒だと思う」と仰るのだ。

じゃ、私のちりめん山椒はブランドの高級山椒で作っているんだと悦に入ってしまったのだ。「陽は長いからゆっくりして」と言われたが早く、一粒でも多く採りたい欲がでてきた.

家の前を流れる小川の上に突き出した山椒の木は、実をたわわにつけて私たちを待っていた。はしごをかけ、危ない所はご主人が採ってくれ、3人がかりで、私の「ちりめん山椒」はこれで一年分準備万端整った。
c0072993_21205142.jpg
←(グラスには金粉入りワイン、手前にかにサラダ、黒豆、山蕗の千本煮、奥に笹寿司風に見えるのは、かに寿司、ソースカツ、黒米、すべて手作り)









c0072993_2123103.jpg
→(マーガリンを入れて炊いた、ワラビとゼンマイ、彼女のオリジナル料理)




思い切りご馳走しようとずっと台所に立つ彼女の横で山椒の実をほぐしながら、溜まっていたお喋りに花が咲く。ご主人は、ちょっと出かけて行ってわらびや山蕗を採って来る、それを彼女が手際よく料理する。
羨ましいほどの環境と、理想的な間柄と私には映った。
その後、山盛りのご馳走と美味しい焼酎で、夜中まで二人盛り上がったことは言うまでもない。(ご主人は一滴もたしなまれませんのです、ハイ)
その間、捕ってきてくれた蛍が部屋の中を飛び交っていた。

翌日、大きな発泡スチロ-ルに、山菜、黒米、たけのこ、手づくりおかき、などなど詰め込み、宅急便で送ってから、彼女の運転で優雅にドライブである。
晴天に恵まれた、夕方までのドライブの報告は写真でしたいと思います。
c0072993_21373083.jpgc0072993_21375727.jpg













(富山県福光町の光徳寺 棟方志功が滞在し、彼の絵や版画、世界の民芸品が多く陳列されている)



(世界遺産五箇山 合掌造りの菅沼集落)

c0072993_21423574.jpg


c0072993_21465589.jpg




c0072993_21544510.jpg



c0072993_2155811.jpg









人生の中で、本当に心を許せる“友”と言える人は何人いるだろうか。
「出会ってくれてありがとう」

by taizann | 2006-06-17 21:57 | 友だち

悪戦苦闘   

c0072993_028257.jpg

4月 からハングル語教室に通いだした。
家の者からも「何でまた?」と言われている。
自分でもたいした深い意味があって始めた訳ではない。私の友人は何人も、ヨン様や、ビョンホンとか言って夢中になっているが、どちらかというと日本にだって素敵な俳優はたくさんいるのにと冷ややかに見ているほうだ。
何故?聞かれるとしいて答えるなら、韓国が好き、韓国料理も好き、物も安いから、手軽に何度でも行くかもしれないから、それにブログの友達が簡単なハングル語でコメントをくれるし、ちょっと言葉が解ればなにかと楽しいじゃないのという程度でハングル語入門コースに申し込んでみたのだった。
c0072993_0311419.jpg
行ってみて驚いた。韓流ブームのせいだろうか、若い人が多い、それに入門コースだけど、みんな挨拶程度は知っているようだ、私のように全くハングル語の知識がないという人間は少ないようだ。これはちょっと、動機があさはかだったかもしれない、ついていけるのだろうかと一瞬不安が横切った。
 案の定、まず、文字と発音を覚えるのに手間取った。誰だあ?「簡単らしいよ」なんて言ったのは、それを単純に信じた私もお粗末だった。文字を追うだけで肩が凝る、さっき読み方を教えてもらったのにもう忘れている。横棒が一本と二本で読み方が違う、同じように縦の棒が一本と二本だけで違う、一見単純に見えるが、それがかえって難しい。会話に入ってからもいろいろと覚えることが多い。

(最近の私の机の上はこんなありさま)↓
c0072993_045793.jpg
昔、英語のアルファベットを覚えるのにこんなに苦労しただろうか、歳のせいだろうか、思うように頭に入らない。ほとほと、この歳になって自分の頭の程度を嘆いたことはない。
甘い考えでございました、ボケ防止なんて舐めた言い方でした、ちょっとかじってみようなんて無謀でした。反省しております。
教室では、二人ペアで声を出し合いながら覚えていくのだが隣の男性はスイスイと文字も読んで行く。「おたく、入門じゃなくて上級に行くべきじゃないの」って皮肉の一つも言いたいほど、私が迷惑かけている、足を引っ張るとはこのことだろう。
 毎週金曜日までに覚えていかなくてはならないことが、ガーンといつも頭にこびりついていて離れない。自然と空いている時間の殆どはハングルの教科書と首っ丈という毎日の生活スタイルには、まず本人が一番ビックリ、正直こんな筈ではございませんでした。
そうは言ってもここで挫折しては格好が悪い、てな意地で今のところ続いている。
c0072993_101956.jpg
大体、日本人にはどうしても韓国に対して偏見を持っている人が多いように思う。実は私もそうだった。文化も経済も「日本に追いつき、追い越せ」を目標に日本を手本にしているのだと長い間思ってきた。だがそれは少しばかり思い上がった見方だと気が付いた。
韓国に行くと市場や街の活気は凄いしエネルギッシュだ、外国車は税金を高くするとか、割り箸を使わないなど、結構自国の技術や資源を大事にしていると感心したことも多い。
インターネット文化は日本より進んでいると言われる。映画も多く見ているわけではないが、最近の韓国映画は真面目な問題をテーマにしている、若年性の認知症を描いた映画も昨秋に見て泣かされた。ハリウッドさながらのスケールの大きい映画も、これが韓国映画なのかと驚いた。それに教室の先生が勉強にとDVDで音楽をきかせてくれるが、韓国の若者の音楽レベルは高い、それにファッションのセンスも素敵だと思う。いろんな面で、日本はとっくに、韓国に追い越されたのでは、と私は認識を変えている。
c0072993_124220.jpg




何はともあれ、日本もお隣とは仲良くしなくてはいけない、言葉が解れば、もう少し韓国事情にも詳しくなるかもしれない。
はてさて、そんな大義名分をかざして、私の苦悩はいつまで続くのでありましょうや。





報告!
昨年12月に公開された映画「男たちの大和」のシネマエッセーコンクール」に
入賞したとの連絡を受けました。
2500名の応募がありヤマト賞10名、優秀賞10名、入選20名私はその他(佳作20名、努力賞50名)の賞品発送にかえて報告と言うものですが、何せ賞などいただいたことがありませんので、一人喜んでおります。みなさんの応援のおかげです、ありがとうございました。



  
 

by taizann | 2006-06-04 01:16 | エッセー