<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

ノロウイルス感染が一向に衰えない   

c0072993_14372614.jpg
(写真は記事とは関係ありません、昨晩の京都タワーです)

毎日のマスコミ報道でもご存知の様に、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が拡大しています。
我が家でも、娘か一番にかかったようで、瞬く間に家中が被害にあいました。それはもう、私はこんなにもひどいものかと驚きました。

大先輩の化石さんから「医療関係者、特に感染防御の専門家である、臨床検査技師の方々、現役であろうと、OB・OGであろうと、あらゆる方法、手段を駆使して啓蒙に努めよ」と指令がありましたので、一応OGとして(?)皆さんに注意を呼びかけます。

ノロウイルスは、昭和43年、米国の小学校で集団発生以来、小型球形ウイルスと呼ばれ、昔からあったものです。
平成14年に正式にノロウイルスと命名されました。

このウイルスの特徴は、感染力が強く、数個から10個程度で感染し発症します。
主に、経口感染ですが、患者の吐物や糞便の不完全な処理により、
乾燥したウイルスが、床や屋絨毯にへばりつき埃となって、空中に、まいあがり、人の口に入り腸で増殖することもあるのです。
人→人、人→器具→人というルートが一般的です。
牡蠣や二枚貝によると断定されてはいません

潜伏期も他の食中毒に比べて短く、半日から2.3日で感染し、発症するようです。
従って対応が十分とれない間に広がる可能性があり、病人、子供、老人には特に注意が必要です。

症状は、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、発熱、悪寒、筋痛、などですが、経験では横になると、激しく嘔気、下痢に襲われ、一晩中トイレに行かねばならず、寝ていられない状況でした。

治療は、今のところ特効薬はありません。脱水に気をつけ十分な水分を取る、体内の電解質のバランスが崩れるので、スポーツドリンクが良いようです。普通は4.5日でよくなるといわれています。

消毒には、塩素系家庭用消毒剤が有効です。汚物類は、これに15分以上浸し処分します。
生ものを扱った包丁や、まな板などは200倍に希釈した塩素系家庭用消毒剤につけおきします。熱湯消毒は85℃1分以上の加熱で死滅します。
外から帰宅したら、うがいと石鹸による手洗いを流水で洗い流すのが良いでしょう。消毒用アルコール、消毒用ペーパータオルは効果なしです。
症状がよくなっても病人の腸からは、大量にウイルスが排出されますのでしばらく注意が必要です。

免疫が獲得されませんので、何度でもかかります。医師は1ヶ月経過してから、また発症して来る人がいますと言っていました。
現段階ではワクチンも開発されていません。

みなさん、こんな流行には乗らずに元気でお正月を迎えてくださいね。



詳しくは臨床検査の光と影へどうぞ!

by taizann | 2006-12-25 14:46 | 緊急注意

 あなたは遺言状を書いてありますか?   

c0072993_9112168.jpg

ピーポー、ピーポーと突っ走る救急車の中で、「遺言状を書いていない、遺言状を書いていなかった」と思い続けていた。
これは、同年、同月生まれの友人が、無事救急病院から生還して帰ってきてからの後日談なのですが、
「へえー、財産がたくさんあるお宅は、やはり気になるの? 大変ねえ」と言うと「まさか、うちの主人や子供は、私が死んだら何がどこにあって、何をどうすればいいのか、全然知らないから、たちまち困ると思うと、死ねなかった」「主人が慌ててしまい、気が付いたら、左右色の違う靴下を履かせてくれていたの」と笑っていた。c0072993_9304872.jpg
私は、この友人の言葉が、妙にいつも頭から離れないのです。それと言うのも、我が家も決して人事ではない有様で、私も、人にあれこれ言うより、何事も自分でやってしまう性格で、家の者には便利な存在、なくてはならない存在と自負しているほうだから、自分がいなくなった後のことなど、まったく考えたことは、一度もなかったからです。
私の連れあいは、書物もよく読むし、新聞も隅から隅まで読んで、感心するほど良く知っているし何でも良く覚えている。テレビを見ていていても、時事解説が始まり、「わかった、わかった」と思うこともしばしばで、言うなれば、うるさ型です。
しかし、夫婦そろって好きなことをしていて、お互いに干渉しない。特に私の趣味についても《自己満足》と決め付けて興味を示さず、とやかく言わないし、どこに出かけても、気にしないし、制限もしない。一応礼儀として私は、「いついつ、どこそこに行ってくる」と、言っておくが、忘れてしまっていることが多いし、「ああ、そんなこと言ってたなあ」と、こんな具合なのです。
その方が私にとってはありがたいし、むしろ思いやりのひとつなのだと良心的に解釈していたのですが、c0072993_9315839.jpg
実は最近、数人のグループでの旅行中に、友人が旅先の救急病院に入院と言うアクシデントがあったのです。このようなアクシデントは昨年も同じグループの旅行先であり、
なんとも不気味な経験が続いてしまったのです。予期しないことがこうも続くと、私に起こらないとは限らない、たちまち、家中オロオロするに決まっている。身の回りも整理しておかないと、残った者が迷惑するだろう、財産でもめるなどということは、我が家に限ってありえない。第一財産は残るほどないのは私が一番よく知っている。
だけど、貯金通帳、印鑑、カード、生命保険の証書などの類の在り処だけは知らせておかないと、しかしこれも頭に入らないだろうなあ、カードでお金を引き出したこともないお方なのだから。
 やっぱり、遺言状というより、遺書にして
わかりやすいところに置いておくべきか、
そうだ、信頼する人に預けるのがいいかもしれない。ついでに、友人への連絡先や、あとの処理事項、葬式も、墓もなしでいいけど、骨は両親のところへ分骨してほしい。いや、私は故郷の山からの散骨を希望しておこう、などとあれこれ、ここまで散々考えたあげく、
c0072993_9331072.jpg

「やーめた、バカバカしい」。
今日まで私に、おんぶに抱っこしてきたのだから、思い切り困らせてやろう、死んでからまでありがたがらせることはない、「やっぱり、大事な連れ合いだった」と思い知らしめてやろう。その方が今後の為だから、「棺おけにまで聞いてこないでよ」と、
にわかに邪気が起こり、しらけてしまったのでした。従って遺書は未完成です。
先日友人に「ところで貴女、その後遺言状は書いたの?」と聞くと「命拾いした私は大丈夫だから、主人に書いて置くようにと、うるさく言っているのよ」と笑うのでした。

写真は「阪田かずを写真集」より(阪田さんありがとうございます) 

今回はユーモアエッセーに挑戦してみました

by taizann | 2006-12-04 09:39 | エッセー