映画「東京タワー」(ボクとオカンと、時々、オトン)   

c0072993_14341878.jpg

私と映画「東京タワー」

私は映画を見る前にあらすじを知ってしまうと、面白くないので殆ど先入観無しで行きます。
ベストセラ小説だと聞いていたし、招待状をいただいたので見に行ってきました。
1960年代、ボク(オダギリジョー)は3歳のときに、遊び人のオトン(小林薫)を捨てオカン(樹木希林)と小倉を離れ筑豊のオカンの実家に帰るところから始まる。
オカンに女手ひとつで育てられ成長していく。
15歳になって大分の美術高校に入り東京の美術大学もかろうじて卒業するが
仕事もせずに、仕送りをしてもらい、借金までしていた。そんな中、オカンが
癌に侵されていることを知る。
そんなダメなボクが平成の東京タワーの下へ、オカンを呼びよせ
最後を看取るまでを描いたものである。
c0072993_14443825.jpg

c0072993_15224035.jpg








昨年秋に母を亡くした私にとってこの映画は強烈でした。
どこにでもある単純なストーリーですが、明るく強い母と、偉大な母を知るボクを
淡々と温かく描いた名作だと思います。
映画を見ながら私はボクが弟と重なり、泣けてしまいました。
映画のボクとはちょっと違っていても、弟も若いときには
ずいぶん私たち家族を心配させてくれたものでした。
母は息子のことを毎日毎日心配しながら暮らし、
それでも心のどこかで息子を信じていたようにの思うのです。
そんな母を優しく、最後を看取った弟の悲しみが痛いほど伝わって来たのです。

c0072993_1515680.jpg
弟は母の生前「どんな体になっても、一日でも長く生きていて欲しい」と言っていました。
この映画で息子と母親の絆の深さを知らされました。



最後にボクが「オカン、ありがとう」と言った時、私はハッとしたのです。

私はこの言葉を母に言ってはいなかった・・と。

オダギリジョー、樹木希林、小林薫、松たか子の俳優陣が良かったです。

# by taizann | 2008-02-06 15:31 | 映画評