旬の香り   

c0072993_8453834.jpg

いつも私のブログにコメントをくれるintermediate さんは、福井の勝山の自然がまだまだ手付かずの素晴らしい田舎に住んでいる。
intermediate さんは、かつての同業者であることから、彼女とのお付き合いはもう30年以上になるかもしれない。
彼女はバリバリのキャリアウーマンの現役であるが、ご主人が農業を営んでおられる。
昨年、自宅にお邪魔していろいろとお話を伺っているうちに、ご主人の農業は頭だ、それに得意とする専門の化学の知識が応用されていると感心したのだった。

今までにも古代米を初めとして、有名な勝山の里芋、豆類、有名なお醤油、食べてしまって思い出せないくらい、いろいろな、intermediate さんちの特産品をいただいてばかりである

その勝山から旬の嬉しい香りが届く。
c0072993_9523132.jpg










c0072993_953663.jpg
4月の下旬、山菜の王様といわれる、たくっさんの「たらの芽」と美しい大好きな花の「かたくり」の束だった。
大喜びで、早速「たらの芽」は、てんぷらにしていただいたが、「かたくりの花」は、食べるのがどうももったいない思いだった。
かたくりの群生している風景を思い浮かながら、酢の物にして思い切り春の香りを楽しませていただいた。







c0072993_1044389.jpg

3週間ほどして、今度は良く育った立派な「わらび」と乾燥させた「ぜんまい」が届いた。
山育ちの私には故郷の山々を思い出す懐かしいものばかりであった。
ワラビは、わかめと油揚げと糸こんをごまあぶらで炒めて煮付けると家中が喜ぶ、私の自慢料理になる。少しだけおひたしにして後は大事に塩漬けにした。ぜんまいは、油揚げと人参との定番料理であるが、輸入物などとは違い本当に美味しい。

c0072993_956477.jpg

c0072993_1095746.jpg

いずれも、畑に出て行ってちょこちょこと採れるものではない、ご主人が山を良く知って、奥深く入って苦労して採った山菜である。
田舎の人は「そんなに喜ぶもの?」というかもしれないが、私には町で買った高価な品物よりも何倍も嬉しいブランド品なのです。




c0072993_10113461.jpg














intermediate さんが退職したら思い切り勝山での山菜採りをしたいと楽しみにしている。
その前に今年も、山椒の実をまた1年分貰いに行くことになっている。


intermediate さん、旬の香りの報告が遅れてしまいゴメンね

by taizann | 2006-05-24 10:13 | 友だち

<< 悪戦苦闘 私の散歩道 >>