詩人"名古きよえ”   

名古きよえ詩画展にて
ー故郷の自然と都市建築に魅せられてー
c0072993_14564454.jpg
私が通うエッセー教室の中の先輩に一人の詩人がおられる。
いつも楚々と座って、
とてももの静かな方で、口を開いても、優しさが滲み出てくる、そんな人である。
しかも、彼女の書くエッセーは、情感がこもり叙情的で私は惹かれることが多い。

過日、詩画展の招待状を頂き訪れてみた。
c0072993_13294351.jpg







c0072993_1337127.jpg

河原町五条のギャラリーは、数々の傑作が展示され
その絵には詩が自筆で添えられていた。

c0072993_13384642.jpg
時世を表現したり、武器を戒めると思える言葉が
彼女らしく静かに、絵が訴えているように思えた。

何か宗教的なものを感じたので、お茶をいただきながら尋ねてみると学生時代に教えられた「本願」を信条としていると話された。
この言葉が、妙に私には印象に残り、
そうだ、名古さんから滲み出るものはきっとコレなんだ。

ギャラリーを後にしながら、「絵も描けて、詩が作れて、その絵に思っていることまで添えられ・・、
いいなあ・・・」なんて思いながら、鴨川のほとりを歩いたのだった。

c0072993_14124859.jpgその後、名古さんから「本願」について詳しく説明されたお手紙をいただいたのである。
《この世で幸せや感謝を感じて、生きること、それが他人に伝わる》と・・

宗教に拘わらず「本願」の心は、先祖からの教訓でもあり、日本人が持っていたい
仏教の心ではないかと私なりに解釈したのだが。


名古きよえさんのプロフィール
南丹市美山町生まれ 関西詩人協会 近江詩人会会員
京都女子大学文学部卒業 日本ペンクラブ、ラビーン会員
詩集「目的地」他5冊 日本詩人クラブ、地球、棚会員
1992年日本画を始める 彩画会 桜会会員
2004年「思い出」コートダジュール国際芸術賞
2006年「大地」日蘭交流栄光賞受賞、「名古きよえ詩画集」出版 


(このブログは名古きよえさんの了解をいただいています)

by taizann | 2007-07-22 15:06 | 友だち

<< 劇団四季のミユージカル 京都楽友合唱団定期演奏会 >>