韓国歴史にふれる旅ー2   

2日目慶州を後にしてソウルへ
                      ( ソウルヒルトンもすっかり秋の装いでした)
c0072993_1065237.jpg

c0072993_103264.jpg


東大邸から新幹線(KTX)に乗ってソウルへ、
グリーン車なのでゆったりと揺れも少なく快適でした







翌朝のあわびのお粥は最高!
c0072993_1041366.jpgc0072993_1042267.jpg











3日目  車で3時間また北に戻る小旅行 
白馬江遊覧 
c0072993_105528.jpg







c0072993_10553054.jpg


その昔、女好きの王が敵に攻められたとき、宮廷に囲っていた女官3000人がこの崖から身を投げたという(落花岩)


船頭さんの歌のおまけもありました
c0072993_10565295.jpg
百済中興の歴史が息づく宋里古墳群へ
武寧王陵 1971年排水工事中に偶然発見された。501年40歳で即位し523年の62歳まで
23年間の在位期間中、民政の安定や百済の国力強化を図り百済の国際的地位を高めるなど
対内外的に大きな業績を成し遂げた王である。
c0072993_11213542.jpg













c0072993_11492535.jpg
武寧王の墓の復元や副葬品のうち
12種17点が国宝という
貴重な博物館だと思うのですが
修学旅行生(?)たくさん入ってきて
折角の説明も聞き取れませんでした







宋里古墳群には王と王族の墓が群集している。武寧王陵の墓を含め7基の古墳がある。c0072993_1827174.jpg














古代歴史の旅は盛りたくさんです
長くなるので扶余国立博物館、公山城は
次回にします。次もまた素晴らしいですよ

by taizann | 2007-11-13 11:55 | 旅行記

<< 韓国歴史にふれる旅ー3 韓国歴史にふれる旅ーⅠ >>